【​How to make】

「kususu」のボタンアクセサリーの作り方を皆さまに!​店頭でもお教えしますのでお気軽にご相談くださいませ!

​<ボタンの脚カット方法>

​ボタンアクセサリーを初めて作る方、始めたばかりでまだ慣れていない方は、写真のような形状の脚をしたボタンからチャレンジ!

素材はプラスチックを選びます。金属やガラスなどの素材は難しいので、初めての方はプラスチックでスタート!

​脚をカットする時は先端の細いニッパーがより作業しやすいです。ボタンの穴にニッパーの刃(片方のみ)を入れてカットします。一気にまとめてカットしたくなりますが、断面を綺麗にするため、片方ずつやりましょう。

脚を切ると必ずバリが出ますので、再度ニッパーで丁寧にカットしたり、ヤスリで整えましょう。写真のように綺麗になったらカットは出来上がりです。

最後にパーツを接着剤(瞬間接着剤はオススメしてません)で貼り付けたら完成です。ピアスの金具は中心よりちょっと上に付けると良いです。

<貼り付ける際の接着剤について>

※瞬間接着剤は液状化のものが多く、貼り付ける際にはみ出す可能性が高いため、綺麗に仕上げることが難しいのでおすすめしません。また、速乾するため、1度ミスしてしまうとやり直しが難しいです。強度的にも瞬間的に接着する力は強いですが、長く使用する為の持続力は決して強いとは言えないためです。できる限り作った作品を永く使っていただきたいと思いますので接着剤を選ぶ際は硬化時間(接着剤が固まる時間)が30分以上のものをオススメします。

【kususuおススメ接着剤】 コニシ・ボンドeセット 

​<ブレードタッセルの作り方>

ブレードの端に丸カンを縫い付けます 。
・ポイント
ブレードと同系色の糸か、テグス(クリア・2号)を使用すると縫い付け部分が見えなくなって、仕上がりが綺麗ですよ。また、糸で縫いつける場合は木綿や刺繍糸など少し太めの糸(20番や30番)で縫いつけると丸カンが外れる心配がありません。

接着剤やグルーガンを上部の赤い色の部分に付けて、くるくる巻いていきます。初めての方は接着剤で、慣れてきたらグルーガンが良いと思います。時間を置く接着剤を使用する際には、最後にマスキングテープを巻いて、上部を固定しましょう​!
・ポイント
※速乾性のある接着剤を使用すると、ズレてしまった時などにお直しが出来なくなりますので、慣れない方はすぐに剥がせるタイプの接着剤(硬化時間の長いもの)をおすすめします。

グルーガンがはみ出してしまった場合は軽くライターであぶります。

※あまり強い火力ですると燃えてしまうので要注意!!

パーツを付けて出来上がり!
タッセルだけのイヤリング・ピアス、ボタンやビーズを付けても素敵です。
タッセルの長さ調節はハサミでカットするだけです、とても簡単です。

​ボタンアクセサリーとブレードタッセルを組み合わせる場合は『カン付き』の貼り付けパーツと組み合わせると作業がとってもスムーズですよ。

kususu